時代は戦国が好き?時代劇情報!!

時代劇が大好きな村井亮介が最新情報を集めて書き込みます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

龍馬伝「武市の夢」第二部完結

2010年7月16日(金)


龍馬伝「武市の夢」第二部完結


龍馬(福山雅治)は、まんまと後藤象二郎(青木崇高)に
吉田東洋暗殺犯は自分であると信じ込ませることに成功しました。
後藤は取り乱しながらそれを前藩主・山内容堂(近藤正臣)に
報告するのでした。

しかし山内容堂は、それを聞いて即座に牢にいる武市半平太
(大森南朋)の元へと迷いなく向かったのでした。
武市のいる牢に入ってきた容堂は「坂本龍馬が吉田東洋を
殺したのは自分だと言ったそうじゃ。しかし、わしはそんな嘘は
信じん。東洋を殺したは武市、おんしらじゃ」と言い放つのでした。

下士を集めて、土佐を攘夷の旗頭にし、帝の使いにまでなったのは
ほとほと武市に腹が立つ、と言う容堂に武市は
「すべては大殿様のため」と言うのですが、容堂は徳川家に
土佐一国をもらった恩のある山内家の自分が幕府に背くなどできる
わけがない、と言うのです。
そして武市と自分はよく似ている。徳川に失望しながらも忠義
だけは捨てられない。帝を心底敬っていると言葉を続けます。
その言葉に感動したのか武市は
「大殿様は日本一の名君です。この日本を動かしていくのは
土佐の山内容堂公しかあらせられません。」と返すのでした。
「お前はいい家来じゃ。お前が山内家の人間だったらどれだけ
可愛がったことか」と持ち上げる容堂に対して武市はすっかり
感服してしまい、東洋を殺させたのは自分だと白状するのでした。

家族に龍馬を捕まえる気かと責められた岩崎弥太郎(香川照之)
の前に龍馬は現れて「武市さんに会わせてくれ」と頼みます。

武市の話を聞いて龍馬は絶句します。そんな龍馬に
龍馬に自分の身代わりはさせられない。龍馬はもっと大きな
ことをする人間だ。この日本を異国の侵略から護り、独立した
国にするのが龍馬の役目だ。と語る武市半平太なのでした。
「生きてつかあさい」と懇願する龍馬に無言の武市。
弥太郎は「武市さんはお前に託したがじゃ」と説得します。
「坂本龍馬がどうやって日本を変えるか楽しみぜよ」と
武市半平太は言い残すのでした。

山内容堂に脇差しを与えられた武市半平太はその刀で切腹、
岡田以蔵(佐藤健)は処刑されたのでした。

龍馬は海軍総練所の残党を率いて薩摩を頼ることに決めます。
西郷は小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く
ならば、西郷が目をむくほどに大きく叩けばいい。
誰にも自分たちを縛ることはできない。自分たちは己の道を
進むのだから。己の道、それは日本を洗濯することなのです。

坂本龍馬はここに倒幕の決意を固くするのです。

龍馬伝 第二部 完結


幕末でも指折り数えるほどの知者であった土佐のこの二人。
攘夷派の土佐筆頭武市半平太。開国派土佐筆頭山内容堂。
武市は身分の足かせから思想的に逃れることができずに
すっかり容堂に騙されてしまった、という終わり方でしたね。
しかし、容堂の人格的な高さは半平太を武士の身分のまま
自決させたことに現れているのではないでしょうか。
これがもし徳川家康なら卑しめた上に惨殺していたでしょう。
そしてもう一人、坂本龍馬。幕末の土佐には優れた人材が
なんと多かったことでしょうか。
第三部で龍馬は討幕運動をどのように進めるのか非常に
脚本が楽しみですね。

ゲゲゲの女房「水木しげるの本・特集」
「ゲゲゲの鬼太郎」原作漫画+グッズ特集
村井亮介の いまどきノベル
エレキギター/ベスト20
ドラムセット特集
トトリのアトリエ・レビュー
ゲーム好きの広場
騙されないサクラがいない出会い系サイト選び
スポンサーサイト

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

村井亮介

Author:村井亮介
アニメが大好きなウェブ詩人でネットショップ店長。
球技系のスポーツが大体得意。



私のアニメ・ショップ

きまぐれポエムwithネット商店
アニメソフト・グッズ


今日のスペシャル
アニメソフト・グッズ


お楽しみプログラム集
アニメソフト・グッズ


ウェブ詩人のネット商店
スタジオジブリ作品グッズ


ウェブ詩人のネット商店
ディズニーアニメグッズ


ウェブ詩人のネット商店
TVアニメキャラグッズ






最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。