時代は戦国が好き?時代劇情報!!

時代劇が大好きな村井亮介が最新情報を集めて書き込みます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「龍馬伝」第15話 ふたりの京

2010年4月11日(日)放送


「龍馬伝」第15話 ふたりの京

龍馬には今、二人の会いたい人がいた。
一人はこれからどうすればいいのかを教えてくれる誰か。
もう一人は、そう幼なじみの平井加尾だった。

土佐藩主の上洛を実現させた武市半平太は今度は
将軍を上洛させて天皇自ら攘夷を約束させる、という
策を公家の三条実美に進言する。その策は承認されて
土佐勤王党は将軍への勅使・三条実美の警護役に
抜擢されるのであった。まさに半平太は出世街道
まっしぐらであった。しかし、一方で暗黙の了解で
岡田以蔵を動かし、土佐藩に害なす者、攘夷に
敵する者を次々と暗殺していた。

坂本龍馬は加尾に会うために京へと来ていた。
加尾の知り合いの邸宅にて龍馬と加尾はひとときの
契りを結ぶのだった。龍馬は偶然、以蔵と出会い
加尾の元へと連れてきた。そこで二人は以蔵が
暗殺をやらされていることを知り、驚愕し、龍馬は
憤るのだった。

もう幕府は異国と交易を始めているのに、今更黒船に
大砲を放つのか、日本に来ている外国人達をみんな
斬り殺すというのか、そんなのは無理だと語る龍馬。
本当に強い者は簡単には刀を抜かないものだ、と
以蔵を説得する龍馬なのであった。

そして別れ際に加尾から「幕府にも志のある人間がいる」
と勝麟太郎の名を教えられ、会いに行くようにと言われる
のだった。

「おまさんは、大きなことを成し遂げるために生まれて
きた人やき、もう私のことは忘れてつかあさい」
そう告げた加尾に龍馬は「すまん」としか言えなかった。

加尾は半平太の方針により、4年間仕えた京の公家
三条家を離れ土佐に帰るのであった。

そんなつもりはないのに、まるで運命に操られるかの
ように土佐勤王党の近くへと動いてしまう龍馬。

いよいよ、運命の人である師匠の勝海舟に龍馬は
会いにいくのです。まさに龍馬は歴史の表舞台へと
乗り出していくのです。

今週のお話で、光っていた人というと、やはり平井加尾
でしょう。龍馬の初恋の相手であり、勝海舟に出会わせた
そんな大きな存在です。もう一人挙げるとするなら、
ちらっとだけ出てきた、岩崎喜勢です。どん底の弥太郎を
明るく強く励ます姿はさすが歴史の偉人を支えた妻という
感じですね。そして岡田以蔵が龍馬が脱藩したことを全く
責めず再開をとても喜んだのは、思想に疎いからとはいえ
純粋で素敵でしたね。


今日のオススメ
お手頃価格・地デジ対応テレビ特集
働く若者のためのお悩み相談(Q&A)
オーディオ&DJ「HIPHOP・スクラッチミキサー」特集2

騙されないサクラがいない出会い系サイト選び
スポンサーサイト

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

村井亮介

Author:村井亮介
アニメが大好きなウェブ詩人でネットショップ店長。
球技系のスポーツが大体得意。



私のアニメ・ショップ

きまぐれポエムwithネット商店
アニメソフト・グッズ


今日のスペシャル
アニメソフト・グッズ


お楽しみプログラム集
アニメソフト・グッズ


ウェブ詩人のネット商店
スタジオジブリ作品グッズ


ウェブ詩人のネット商店
ディズニーアニメグッズ


ウェブ詩人のネット商店
TVアニメキャラグッズ






最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。