時代は戦国が好き?時代劇情報!!

時代劇が大好きな村井亮介が最新情報を集めて書き込みます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「風林火山」天下への道

2007年7月29日(日)放送

いよいよ晴信の生涯のライバル長尾景虎(ガクト)の登場です。
後の上杉謙信のことですね。景虎は夜伽を父親から命じられた
侍女の浪(なみ)にこう言います。「何故じゃ、何故皆慾を
捨てぬ。家督を継いですぐにこの有様じゃ。何故皆欲に屈する
のじゃ」と言い浪に教典を手渡して「これを読むことがわしへの
夜伽じゃ」と命じるのでした。しかしそんな景虎の脳裏によぎ
ったのは兄の「仏に帰依し経を読んだとて、その荒ぶる魂を
抑えることなどできまい」という言葉でした。浪へ語った言葉は
理想主義者であった景虎らしい言葉ですね。その生涯を毘沙門天
に誓ったとおりに生きて戦さに賭けた景虎は、その誓いの中には
女性に手を触れぬ、というのもあったそうですね。生涯男色で
あったわけでいくら立派でもやっぱりキモイですね。

 一方で勘助の幼馴染みの平蔵は村上義清に見込まれて近習に
取り立てられ、その主には知行が与えられて、思い続けていた
主の娘、ヒサをもらってくれと頼まれます。ようやく平蔵の
ひたむきな想いが報われたのですね。僕にはこの平蔵の生き様が
一番共感できます。でもなによりも義を重んじる平蔵の生き様は
戦国時代というよりも別の時代向きという感じがしてなりません。
しかしこの幸せももうじき晴信により壊されるのでしょうね。

 山本勘助(内野聖陽)はと言うと主人の武田晴信(市川亀治郎)
とその将来の目標についてこのように語っていました。「お館様、
この勘助の眼にも天下への道筋がはっきりと見え申した」「ほお、
いかなる道じゃ?」「まず信濃を納め、越後へと突き進みます。
越後の先には海がございます。」「海、か」「その海を手に入れ、
それから駿河へと目を向け、南北二つの海をお館様の手で貫いて
戴きます。」「二つの海を甲斐が貫く、か」「さすれば、この
甲斐は天下に二つとない強国となりましょう」「勘助、わしには
もう迷いはない。天下を取り、都にそちの旗を立て、仏法王法の
規範となる政を行いたい。それがわしの目指す道じゃ」「必ずや
この勘助が」

 武田信玄は生まれた場所が悪かったという説もありますね。
織田と上杉の間というのはあまりに過酷な位置ですからね。
もう少し京に近かったなら、そのような勘助と晴信の夢は叶った
のかもしれないですね。しかし信玄の主義を継いだ形となり
家臣達も引き継いだ徳川家康が天下を獲ったのは晴信の夢が
形を変えて実現した、ということなのかもしれませんね。

戦国武将クイズ
日本史クイズ
戦国武将フィギュア
fc2 blog ranking
このブログの内容に賛同下さる方はクリックされて下さいませ
スポンサーサイト

テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

村井亮介

Author:村井亮介
アニメが大好きなウェブ詩人でネットショップ店長。
球技系のスポーツが大体得意。



私のアニメ・ショップ

きまぐれポエムwithネット商店
アニメソフト・グッズ


今日のスペシャル
アニメソフト・グッズ


お楽しみプログラム集
アニメソフト・グッズ


ウェブ詩人のネット商店
スタジオジブリ作品グッズ


ウェブ詩人のネット商店
ディズニーアニメグッズ


ウェブ詩人のネット商店
TVアニメキャラグッズ






最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。